提案、改善

お子様の発達に疑問を感じたらすぐすべきこと~発達障がい~

作成日:2018年5月6日
更新日:2018年5月13日

こんにちは、mitsuです。
記念すべき第一回の記事をどのようにしようか迷いましたが、お子様の発達に疑問を思ったらするべきことを書こうと思います。
お子様の発語や行動を他の子と比べてしまうのではないでしょうか?特に私は男親で、のんびりしているので個性なんでは?と思ってしまいましたが汗。普段子供と接している女親のほうが特に感じるのかなと思います。このサイトを始めるきっかけにも記載しましたが私の妻が心配性でして行ったことを書いていこうと思います。

自治体の1歳半健診で遅れていると言われても自治体から手を差し伸べられることはありません。
    1. 直接ご自身の所属する自治体に出向き、発達支援センターか障害福祉課(自治体によっては異なる名称かも)に相談に行きましょう。
    2. 受給者証を申請しましょう。
    3. 児童発達支援・療育施設を利用しましょう。

1.自治体の発達に関する課へ相談
健診結果が遅れていても自治体は次の健診結果まで様子を見ましょうと言われ何も情報を出してきません。気持ちがヤキモキしているなら行動に移しましょう。ご自身の所属する自治体に出向き、自分が所属している自治体の福祉サービスにどういうものがあるか知るために福祉課を訪ねましょう。福祉課にて自治体がもっているサービスをなるべく引き出してください。担当者によっては出したがらない人もいるので担当している人が複数人なら、他の日にその人以外にも相談しましょう。

相談だけならタダです。忙しい自治体もあるかと思いますが・・・税金を払っているのですから活用するものは活用してご自身の疑問を解決していったほうがいいと思います。

受給者証の申請
サービスの中に児童発達支援を使えるものがあるかと思いますので受給者証の申請をしましょう。
児童発達支援って何?っていう方は、こちら

療育施設などは、ダウン症や肢体不自由の場合優遇はありますが、早いもの順です。その療育施設は2年待ち、3年待ちはザラです・・・1歳半で2~3年待ちだと幼稚園でいう年少までに入れるか入れないかの瀬戸際です汗。2歳からでギリギリですので早めに動きましょう。

私の子供は、2歳児のときに自治体の障がい福祉センターへ通うことができました。これも心配性の妻のおかげですね。
また年少のときに並行して申し込んでいた私立の東京都の児童発達支援が利用できる療育施設に入学できました。

児童発達支援・療育施設を利用しましょう。
受給者証をもらうと、月〇回までという受給者証を発行してもらえます。週5の療育施設を利用するために多いところが23日なんでしょうかね。すみません自分の自治体まわりしかわからないです。うちは23日です。根拠は平均の月の平日の数なんでしょうかね?利用するにあたっての注意ですが1日でもオーバーすると1日1万円近くの費用が請求されてしまいますので注意です。

オーバーする理由ですが例えば23日中21日療育施設に利用をすると残った日数は放課後デイサービスが利用できます。ただしお金儲け目的の放課後デイサービスが増えていますので、しっかり口コミ等をみて判断していくことが重要だと思います。

まとめ

疑問に思ったらすぐに行動に起こすこと。

    1. 直接ご自身の所属する自治体に出向き、発達支援センターか障害福祉課(自治体によっては異なる名称かも)に相談に行きましょう。
    2. 受給者証を申請しましょう。
    3. 児童発達支援・療育施設を利用しましょう。

関連記事

  1. 提案、改善

    リーキーガット症候群の主犯人を探せ!!

    作成日:2018年5月27日更新日:2018年5月27日こんに…

  2. 提案、改善

    発達障がいと遺伝の関連性についての考察

    作成日:2018年5月13日更新日:2018年5月22日こんに…

  3. 提案、改善

    ダイエットの真のメリット~発達障がい、鬱、がん、糖尿病の改善効果~

    作成日:2018年7月5日更新日:2018年7月5日お久しぶり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

妻のイラスト日記

  1. 提案、改善

    納豆は自閉症スぺクラムに効果あり~オートファジー活性化、mtor1抑制~
  2. 提案、改善

    発達障がい改善のために有効な提案の検証 第1弾
  3. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ー自転車ー
  4. 発達障がい

    にんにくの効果とカンジダ菌への対策~腸内環境をよくし、健康体になるために~
  5. 提案、改善

    お子様の発達に疑問を感じたらすぐすべきこと~発達障がい~
PAGE TOP
Translate »