提案、改善

816ダイエットの副次的10の効果を教えます。

作成日:2018年5月15日
更新日:2018年5月15日

こんにちは、mitsuです。私が現在実践しているダイエット(食事療法)となります。1か月で5kg痩せたと書いた実践している食事療法となります。

発達障がいについてが主のブログなのに何故ダイエット?というのもありますが・・・発達障がいの改善につながっていると私は考えているので付き合ってください。でもこの方法は必ず痩せますよ!!とは言え、すべてのダイエットが発達障がいの改善につながるわけではないので紹介するものは2つです。今回はそのうちの1つ816ダイエットの話題になります。ダイエットというか食事療法ですね。

816ダイエットとは?

皆さん816ダイエットという言葉を聞いたことがあるでしょうか?テレビを見ている方は知っているかもしれませんね。私も『主治医がみつかる診療所』のテレビで知りました。タッチの二人のうち一人がこの816ダイエットを実践して、もう一人がローカーボダイエットを行っていて二人とも効果があり痩せていた記憶があります。

この二つのダイエット方法(食事療法)は、理にかなっていると思います。この二つが発達障がいの改善になると私は考えています。発達障がいの人は必ず、腸内環境が悪い腸内環境をよくするには?という記事を書いてきましたが、今回紹介する816ダイエットも腸内環境をよくするのにかなり貢献することが分かっております。

少し脱線をしました。816ダイエットですね。816ダイエットとは1日24時間を食べる8時間と、食べない16時間にわけた食事療法です。8時間のうち2食しか食べないんだから、1食抜きダイエットのことでしょ?と言われればそうかもしれませんがその効果でも痩せる効果はあるのですが、副次的なよい効果が痩せることにかかわってきています。

また816ダイエットをするときに1日に下記の2種類のスーパーフードをとることが推奨されています。

    1. 卵と脂身の少ない肉
    2. 乳製品(ヨーグルト、チーズなど) でもカゼインフリーにする必要があるので私は否定的
    3. ナッツ(ピーナッツ・くるみ・アーモンドなど)
    4. 豆類
    5. ベリー類(いちご・ブルーベリーなど)
    6. 色の明るい果物(りんご・オレンジなど)
    7. 穀物(玄米・全粒粉パンなど
    8. 緑の葉野菜

海外文献の紹介と副次的効果

ここまでが通常のサイトで書いてあることですね。英語はあまり得意ではありませんが海外の文献より訳したものを紹介いたします。URLを見ていただくとIntermittent Fastingとあります。これが海外での食事療法名となります。ダイエットという言葉は全く出てきませんね。あえて訳すと「断続的断食」となります。
海外文献で検索して上位にでてくるサイトの紹介となります。
出典はIntermittent Fasting 101 — The Ultimate Beginner’s Guideです。
intermittent fastingで最も普及しているのが下記3つです。

  1. 816ダイエット(The 16/8 Method):Leangainsプロトコルとも呼ばれ、朝食を食べず1日の摂食期間を8時間に制限する食事療法
  2. なんて訳すんだろう・・・食べて、食べるのを休め、食べる(笑)(Eat-Stop-Eat):週に1~2回断食の日をつくる食事療法
  3. 5日普通に食べて、2日間は少食にする食事療法(The 5:2 Diet):連続しない週に2日間500キロカロリー~600キロカロリー以内におさえる食事療法

Intermittent Fastingをすることによる10の副次的効果

  1. 細胞、遺伝子、ホルモンへの働きかけをします。
  2. 体重減少と体脂肪を下げる手助けします。
  3. インシュリン抵抗性と2型糖尿病リスクを低下させます。
  4. 体内の酸化的ストレスと炎症を軽減させます。
  5. 心臓の健康にとって有益な場合があります。
  6. いろいろな細胞に修復プロセスを助けます。
  7. がんの予防に役に立つかもしれない
  8. 脳によい影響がある。
  9. アルツハイマー病の予防に役立つ。
  10. あなたの寿命を延ばし、あなたがより長く生きる手助けをします。

1,3,4,6については腸の改善をより手助けするという根拠にもなりますね。グルテンフリー、カゼインフリーをしながらIntermittent Fastingをするのは理にかなっているのではないでしょうか。

まとめ

816ダイエットは、胃腸を休ませることができ、体重、体脂肪の減少。腸内環境をよくするのに役立ちます。なので発達障がいの改善に大いに役に立てると思います。とはいえ・・・子供に816ダイエットの強要はできないでしょうね。。。ほかの方法を考えましょう・・・ほんとは実践したいですね。。。

関連記事

  1. 提案、改善

    何故マスコミでは、小麦の害について言わないのか?

    作成日:2018年7月13日更新日:2018年7月13日こんに…

  2. 提案、改善

    発達障がい改善のために有効な提案の検証 第2弾

    作成日:2018年6月2日更新日:2018年6月2日こんに…

  3. 提案、改善

    発達障がい改善のために有効な提案の検証 第1弾

    作成日:2018年5月27日更新日:2018年5月27日こんに…

  4. 提案、改善

    発達障がいと遺伝の関連性についての考察2

    作成日:2018年6月14日更新日:2018年6月14日こんに…

  5. 提案、改善

    納豆は自閉症スぺクラムに効果あり~オートファジー活性化、mtor1抑制~

    更新日:2018年8月4日こんにちは、mitsuです。久しぶりに高…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

妻のイラスト日記

  1. 提案、改善

    816ダイエットの副次的10の効果を教えます。
  2. 提案、改善

    日本の発達障がいの対応、ここがおかしくないですか?(発達障害ビジネス、制度、地域…
  3. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ー多動ー
  4. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記-療育機関にかかるまで-
  5. 提案、改善

    発達障がいによる睡眠障がいの原因の考察
PAGE TOP
Translate »