節約

節約のための決断~カーシェアリングとレンタカーとマイカーの考察~

更新日:2018年8月26日

こんにちは、mitsuです。カテゴリーを一つ増やしました。書くネタがないからとかでなく、今書きたいネタは、『食事少ないほうが長生き』、砂糖について、トマト(林先生のでやっていたから笑)、ケフィア水、鉄についてなどなど、書きたいネタをメモってはいて調べて書くというところなんですが、仕事で少しトラブルがあって停滞しています。また読んでいる本の情報なども書こうかと思っています。

カテゴリー増やしたのは、徒然なるままにの下に『節約』を増やしました。うちが裕福と思われても困るので笑。思ってないですね。むしろ苦しいので節約を増やしました。絵日記妻曰く、麺など安い食材を使えば食費が安くできるけどと。。。なるほど、確かにうちは、保育園代がほぼかかっていないのに、なんでこんな苦しいか振り返ると・・・代替食(グルテンフリー、カゼインフリー)をしていて少し?食費が高いはず。またサプリ代が私も腸内環境を気を付けているため高い。子供にも飲ませていますしね・・・あと削れるところがということで・・・車をカーシェアにすればメリットがでると力説し笑、本日車を売る決意をしました。というわけで本題を書いていこうかと思います。決意しか今はまだしてないので冷静に分析するために、記事を書きながら頭の整理をしたいと思います。

車を売ることを考えた経緯

毎月赤字で火の車状態になっています。支出についてどこをメスをいれようと考えて・・・住宅ローン、医療保険など保険費、光熱費、食費、通信費、お小遣い、雑費、娯楽費、車などですかね。収入が増えればいいですけど、絵日記妻は、療育の時間が短いということもあって働けていないですね今は。なので当分は収入は劇的に増えるのは期待できないので支出にメスをいれようと思いました。

住宅ローンを安くするには・・・繰り上げ返済をするか、住宅ローンの年数を伸ばすなどですが・・繰り上げ返済できるなら今苦労していないです。なので現実的でないので却下。医療費など保険費。これはいずれメスをいれるつもりなので保険の窓口に行く予定です。光熱費・・・削れても月5千円くらいかな?ということえ却下。食費については、上記で述べた通り安くなりづらいと感じています。私自身が健康オタクですし。。。通信費については、既にメスをいれてこれ以上安くならないところまできています。お小遣いも既に子供が産まれて値下げしてこれ以上値下げされると、飲み会もいけなくなります。雑費、娯楽費どこもいけなくなっても困りますしね。というわけで都内に住んでいるし、週に1回スーパーに買いに行くのが主で月に2回ほど遠方にお出かけするに使うくらいですのでも、車いらなくない?と私の中では車にメスをいれようと思いました。

マイカー

マイカーを持つデメリット

最大のデメリットは維持費かと思います。どのくらいかかっているか項目を書き出していこうと思います。

項目 月額 年額
駐車場代 ¥18,000 ¥216,000
任意保険代 ¥25,000
自動車税 ¥39,500
自動車重量税 ¥12,300
自賠責保険 ¥13,300
車検代金 ¥30,000
ガソリン代 ¥3,000 ¥36,000
※初期費用(車購入代10年間、200万円として) ¥200,000
合計 ¥572,100

年間約60万円となります。どう感じましたかね。駐車場代が高い!安い!と住んでいる地域によって感じ方が違うのではないでしょうかね。私は都内の安いほうの地区に住んでいるので駐車場代がこれでも安いほうだとは感じています。新宿区などは、月額4万円5万円というのもざらですしね・・・そしたら年間も変わってきますよね。あくまで私のケースで年間60万円となります。

レンタカーとカーシェアリングに切り替える影響額

しかしなくしただけで、60万円の効果があるかと言うと車を使わない代わりに、電車賃やカーシェアリング、レンタカーを使ったりしようと思っているので純粋に60万円の効果があるわけではないですね。カーシェアリングとレンタカーを月に平均2万円まで使ってよいとすると節約効果は年に36万円ぐらいになることになりますね。実際にうちのケースで資産をしてみようと思います。では実際にモデルケースで資産をしてみようと思います。

■モデルケース
・週に1度、買い物のために3時間カーシェアリングを借ります。
・月に2回レンタカーを借りて当日に返却をする。
という私の使い方にほぼ等しいケースで見積もりたいと思います。
歩いて買いに行けっていう意見もあるかと思いますが・・・子供もいるので・・・
カーシェアリングは、タイムズカーとすると2018年8月24日現在、15分206円これは消費税込みたいです調べると。1時間824円なので、3時間借りると2,472円ですね。それを月に4回としたら約1万円ですね。それで1,000円分は差し引かれるので9,000円ですね。

月に2回レンタカーを借りると・・・今安いレンタカー屋さんが増えていますね。うちの近くだと安いレンタカー屋さんが2つあってかなり使い勝手がよさそうです。調べてみると一日4,000円、これに保険とガソリン代なので5,000円プラスガソリン代、ガソリン代を2,000円とすると約14,000円となりますね。
2万円でも多めに見積もったつもりでしたが実際にかかる想定金額は、9,000円と14,000円で23,000円となります。年間276,000円ですね。60万円との差し引きすると324,000円となります。年間30万円くらい浮くといった計算になりますかね。

マイカーを持つメリット

いつでも車を使えるというメリットはありますね。好きな時に使える。荷物もいれておけて助かる部分もあります。あとは車に愛着?や所有している喜びなんでしょうね。でも愛着と所有欲はなくても別にってのも私の中ではありますので・・・なくてもいいかなと・・・

いつでも車を使えるが一番のメリットとなりますが、月に8回使わないので持っていて維持費は?と考えるようになってしまい、これもメリットかな?と思うようになりました。

レンタカーとカーシェアリングに切り替えるメリットデメリット

メリット

レンタカーしか使ったことがないので、考えてみました。
コスト的なメリットは年間12,000円くらい浮くかもしれない。車が好きなのでいろいろな、たくさんの車を乗れる笑。旅先に行っても1日散策しないとしてもタイムズカーがあれば、2~3時間でも散策できる時間がとれるなどの融通がききそう。どこでも気軽に借りられる。カーシェアリングならガソリン代がいらない。ステーションまで強制的にウォーキングができ運動不足解消。

デメリット

借りたいときに借りれるとは限らない。ステーションが近くにないと行くのが億劫。マイカーの時よりも、行き帰りの時間に余裕を持たないといけない。移動時間が15分くらい早くしないといけない。雨とか降っていたらとりにいくのもおっくうになる。ETCをさしたら、さしっぱなしで悪用されそう。カーシェリングは乗り捨てができない。毎回子供用のチャイルドシートをつけないといけない。カーシェアリングは月額の利用料がかかる。モデルケース以上に使うとマイカーを手放すメリットがほぼなくなる。結局苦しいのに、上記のデメリットがついてくるとなりますね。レンタカーなら毎回書類を書く必要がある。

まとめ

レンタカーとカーシェアリングに切り替えるメリットデメリット書いていて・・・デメリットのほうが多くなってしまいました・・・しかし年間30万円をえるために、どこまで不自由を許すかっていう風になりますかね。1回借りるたびに往復30分の余分な時間がかかるのを、1時間あたり私の会社員として5,000円の時給として月に6回借りるので3万円の見えない人件費がかかっているんですね。そこをどう考えるか。なかなか悩ましい結果になってしまいました。都会に住んでいる人はメリットが出るというのも、ほとんど使わない場合の限定な気がしてきましたね。余裕をもって出れるのがメリットになるか・・・カーステーションの近さやすぐに借りられるか?など、利便性にもかかってきそうですね。もうちょっと他人のブログもみてみようと思います。

※初期購入金額をいれました。車代がタダで見積もれないですよね。ぶっちぎりで週末ドライバーにとっては車を売ったほうが良いということになったので売ろうかと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

おすすめ記事

妻のイラスト日記

  1. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ー自転車ー
  2. 考え方

    最適な情報の取得をするまでのステップ
  3. 提案、改善

    発達障がい改善のために有効な提案の検証 第1弾
  4. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ーディズニーランドー
  5. 提案、改善

    リーキーガット症候群の主犯人を探せ!!
PAGE TOP
Translate »