妻のイラスト日記

自閉症スペクトラムみつき絵日記ー トイレトレーニングー

前回の絵日記

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

今回はみつきのトイレトレーニングのことを書こうと思います。
定型児であってもトイレトレーニング、まず子育てで一番不安な部分でした。

周りの子は二歳の夏に始める子が多く、三歳となると、
ほぼ完了の子が多かったですが、みつきはまだ単語が少し程度だったので、トイレに関してはのんびりやろうと、本を見せるとか、通信教育のビデオを見せるとかで全然何も進んでませんでした。

療育園に入って、活動の中でトイレに行く時間が設けられていました、まずは決まった時間にトイレへ行き、便座に座る、用を足すようにしていく為の「時間排泄」を目指します。
療育園についた時、お昼ご飯の前、帰りに。みんなで一斉に親子でトイレに行く感じです。

子供のトイレだけが10個くらい並んだ部屋で、しきりや扉はない大きなトイレ部屋がひとつあります。ここで、一緒に進めていく感じです。
療育園のクラスに入り、時間排泄を目指しましたが、うまくタイミングが合わないとなかなかトイレではしてくれず、オムツが濡れている感じでした、最初は便座に座らせて10数えたら終わり、さっさとオムツを履いて、手を洗わせて終わりです。

結局そのまま半年くらい過ぎ去りました。クラスの中で、トイレは完ぺきな子もいました。同じように入った時はオムツだったのに、進んだ子もいました、進んだ子を見て、私がいい刺激と焦りを受けて、そろそろなんとかウチもオムツを外したいと、覚悟を決めて先生に相談しました。

おまるから始めるか?とも思いましたが、私がおまるを洗うのが嫌だったのと、こだわりが強かったので、おまるになったら、トイレに移行するのが大変かなと思い、最初からトイレにしました。

それから、まずはトレーニングパンツを試しました(紙のパンツ)これは親も、じゃーーーっと漏れないので、ストレスもあまりなく、子供に濡れた不快感を与えられるので良いなっと思いました!

・・・・・・甘かったです。みつきは全く不快感を感じてくれませんでした・・・・。

失敗に終わり、先生とも相談した結果、いきなり布パンツ(しかも完全に普通の)にしてみました。
最初は療育園の中だけで。
当然ジャーーーっと漏れました、ズボンもパンツもびしゃびしゃです。下が濡れてしまっても構わないので気にしないで部屋を使っていいと言ってもらえて、一人で家で黙々と処理するよりも、みんなの中で、やったほうが私としてもストレスがマシでした。数日間、一日二回くらい療育園でジャーーーっとやってました。

いつ連れて行けばいいのか、もじもじとかも全くしなかったので、本当わからずでした。
そのうち先生にもっとマメに連れて行くように言われました。マメに連れて行くと、療育のプログラムのきりのいいところ、とかでなく、途中で抜ける感じになるので、好きな課題中だと、みつきも嫌がりましたが、連れて行きました。
そしてトイレでできた!!!!!!!!!!

濡れずにトイレで出来た時は思いっきり先生がみんなで褒めちぎってくれます。この感じで、徐々に漏らす回数が減っていきました。この時の担任の先生には感謝しかありません!!!
ちなみに大のほうが、早くトイレでできました。でも療育園で漏らしましたけども。

なので家では、おしっこのほうは何度かは漏らしましたが、回数少なく、パンツに移行できたと思います。でも大はしばらく家で漏らすをやられましたね・・・一応被害はパンツだけで済みましたが、一回だけ布団で寝てる時もあったような・・・。夜のオムツは今現在はしてませんが、四歳代もバッチリ履かせていました。電車などの外出時も。

トイレの便座、家では無論大人用しかないので、小さいときは怖がるんですよね、補助便座を買いました。最初は西〇屋のオーソドックスなものを使ってましたが、透明な補助便座をネットで、見つけ、出たかどうかわかりやすいかな?と買ってみました。まあ実際透明だからとそこから見えるほどではないんですが、多少出てるかの確認がしやすかったような。

それから、踏ん張るための足を置く台も購入しました。最初は段ボール製のを使ってましたが、体重に耐え切れなくなり、壊れたので、ネットでプラスチック製のものを買いました。こちらは今でも愛用しています。

徐々に外出先、長いお出かけと慣らしていきました。旦那のいる週末、うちの車で出かけるときから、パンツは慣らしていきました。「限界にならないとトイレにはいかない」という時期が長かったです。
そしてちびる。。。

だいぶたったころ、いつのころか徐々に、「今行っといて」(出先で)が通じるようになり、ようやく今は電車やお出かけの時もパンツにすることが出来ました。まああと、大が圧倒的に夜に出すタイミングが多かったのもありますが。たまに昼あるので怖いです。おしっこはこちらでも大体感覚を把握しているので。

男の子なので、立ってすることも療育園で教えたかったのですが、親子教室にいたのは一年だったので、そこまでは間に合わず、家で練習しました。外出先では旦那の出番ですね。
家では今現在は座ってしていますが、外出先では旦那と一緒に立ってしてるようです。

オムツは、「ビッグより大きい」までいくかな?と思いましたが、ビッグ。で無事卒業することが出来ました。

まだ実践してませんが、次の課題は、「パンツを脱がずにおしっこをたってすること」ですかね・・。
あとは大を一人できちんと拭くこと。

つづく。

関連記事

  1. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ー幼稚園プレその2-

    前回の絵日記毎日暑いですね。園への送り迎えで汗だくです。そ…

  2. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ー切り替えの悪さ、スケジュールボードー

    前回の絵日記今回は、『切り替えの悪さ』について書こうと思います…

  3. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ー自転車ー

    前回の絵日記。そろそろ自転車に乗る練習を始めました!(3歳半く…

  4. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ーベビーグッズー

    前の絵日記みつきが赤ちゃんのころ、いろんなベビーグッズを使いま…

  5. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記-療育機関にかかるまで-

    初めまして、Mitsuの妻です、Mitsuは小難しい記事を書いています…

  6. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ー耳鼻科編ー

    前回の絵日記。前に歯医者のことを書きましたが、今度は耳鼻科です…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

おすすめ記事

妻のイラスト日記

  1. 提案、改善

    日本の発達障がいの対応、ここがおかしくないですか?(発達障害ビジネス、制度、地域…
  2. 提案、改善

    発達障がい改善に有効な提案~私の考え~
  3. 妻のイラスト日記

    自閉症スペクトラムみつき絵日記ー小学校への進路ー
  4. 提案、改善

    過敏性腸症候群とFODMAP食について-発達障がいに有効な食事の観点からの考察-…
  5. 提案、改善

    発達障がい改善のために有効な提案の検証 第1弾
PAGE TOP
Translate »